自分の歯のように咬みたい~インプラント~

暮らしの喜びを取り戻すインプラント治療

天然歯を失ってしまった場合、今までは歯ぐきで咬む力を支える「入れ歯」や隣の歯を削って被せる「ブリッジ」が一般的に使われていました。しかし、現在では人工歯根を埋入してあごの骨と結合させ、その上から人工歯を被せることで咬む力を回復させるインプラント治療が登場しています。天然歯と同じような感覚で咬むことができ、かつ天然歯と遜色のない見た目を得られます。咬むことの喜び、おいしく食事できる喜び、自然できれいな見た目を再び手に入れることのできる、とても優れた治療法です。

インプラント治療のメリット

  • 周りの歯を削らずにすむ
  • 天然歯と同じ感覚でものを食べることができる
  • 天然歯と遜色のない高い審美性を持つ
  • きちんとメンテナンスをすることで20年以上にわたって使える
  • 違和感がほとんどない

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

  インプラント 入れ歯
(保険適用の場合)
ブリッジ
 

インプラント

歯を失った部分のあごの骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。

入れ歯(保険適用の場合)

1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせてつくった義歯を、バネを使うなどして装着する治療。

ブリッジ

横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。

メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬いものでもしっかり咬める
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安くすむ
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合やあごの骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 見た目がよくないことがある
  • しっかり咬むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

インプラント治療の流れをチェック