入れ歯が合わない・壊れた~義歯~

入れ歯のお悩み、当院までご相談ください

「入れ歯が合わない……」「痛いからつけたくない……」「壊れてしまった……」

このような入れ歯に関するお悩みがありましたら、どうぞ当院までご相談ください。入れ歯を使うのは毎日のことですから、ちょっとした不具合でも大変なストレスになるもの。ご相談いただければ、患者様のお悩みをしっかりお伺いしたうえで、入れ歯の調整や再作製など適切な治療計画をお立てしています。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には保険適用のものと自費でつくるものがあります。それでは、それぞれの特徴を見てみましょう。

 

保険の入れ歯

保険の入れ歯

自費の入れ歯

自費の入れ歯

素材 レジン(歯科用プラスチック) 金属や生体シリコンなど様々な種類の素材から選べる
費用 保険が適用できるため安価 保険が適用できないため高額
作製期間 1ヶ月程度 比較的時間がかかる
使い心地 厚みがあり装着時に違和感が出やすい
咬む力が弱い
食べ物の味や温度が伝わりにくい
しゃべりにくい
保険の入れ歯よりも薄くつくれるので違和感が少なく、咬む力が強い
熱伝導性の高い素材を使えば、食べ物の温度が伝わりやすい
耐久性が高く、長く使える
薄いので装着感が良い
見た目 不自然 保険の入れ歯よりも見た目が自然
バネのない部分入れ歯も作製可能
修理 簡単にできる 難しい場合がある

取扱義歯

レジン床義歯

レジン床義歯

歯ぐきにあたる部分がレジンでできた入れ歯です。

メリット デメリット
  • 治療期間が短い
  • 保険適用のため安価
  • どんな症例にも適用可能
  • 床に厚みがあり、違和感がある
  • 見た目で入れ歯と分かりやすい
  • お口に合ってないとしっかり咬めない
金属床義歯

金属床義歯

歯ぐきにあたる部分が金属でできた入れ歯です。

メリット デメリット
  • 強度があり壊れにくい
  • 薄くつくれるので違和感が少ない
  • 食べ物の温度が伝わりやすい
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • 修理が難しい
ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属のバネを用いない部分入れ歯です。

メリット デメリット
  • 健康な歯へのダメージが少ない
  • 見た目が自然
  • 壊れにくい
  • 温度変化に弱い
  • 食べ物の温度が伝わりにくい

豊かな暮らしを贈っていただきたいから……

当院ではインプラントをおすすめしています。

入れ歯にお悩みの皆様。「入れ歯はもういや……」とお考えでしたら、インプラント治療を検討してみませんか? インプラントなら取り外しのわずらわしさもありませんし、見た目もとても自然です。ほかの歯の寿命を縮めることなく、天然歯と同じような咬み心地を手に入れられるという特徴もあります。

「手術が失敗するリスクがあるから……」と不安をお持ちの方も、どうぞご安心ください。当院では1,000症例以上の治療実績を持つ経験豊富なドクターが担当させていただきます。99%以上の成功率を誇っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

インプラントの基本情報をチェック